白髪ブログ

2020.04.02

美容師さんからの白髪対策と時間と費用との折り合い

急に白髪が出始めたのは、同い年の友人たちに比べたら随分後でしたが、白髪が出始めてからというもの、あっという間に白髪の割り合いが増えていったのには自分自身も大変驚きました。

そのことを美容師さんに相談すると、「全然少ないですよ」というので最初は「お世辞」にしか取れなかったのですが、詳しい話を聞くと「黒髪の中の何パーセントくらいを白髪が占めているかで美容師は判断しています」と美容師さんは仰いました。

そして白髪を染める際のアドバイスを伺うと、「白髪が少ないうちはマニキュア程度にしておく方が毛髪や地肌には優しい」ということ。

「染める際は生えてきた黒髪と染めた部分の『プリン状態』を少なくするため、あまり明るい色合いで染めないのも手だけれど、黒髪だと余計に白髪が強調されて目立ってしまうので、『プリン状態を覚悟で明るめの色で染めるのも手』」とアドバイスがありました。

しかしそうなると『プリン状態』が気になって染める回数が増えてしまうのが悩ましいところです。

染めてから1ヶ月もすると、早くも白髪の部分が伸びてくるので美容室で「リタッチ」で染めるという繰り返しが待っています。

それを回避するには、自分で購入した白髪染めで、見えにくい場所を苦労して染める方法は美容室に比べれば費用は数段少なくて済みます。たとえ「リタッチ」だとしても毎月美容室へ白髪を染めに行く手間と費用は本当に悩みどころです。

白髪はあって当たり前!白髪があっても染めない文化や習慣になればこんな悩みは解消されるのに・・・と思ったりする今日この頃です。そこで今、期待しているのが艶黒美人です。

女性は化粧をするのと一緒で、白髪染めも「必要経費」なのかなと、最近では「気持ちの折り合い」も必要なのかなと思い始めています。

2020.03.20

減ることのない白髪と付き合うには・・・

自分は残念ながら、若白髪です。20代後半からチラホラ頭頂部に見え始めて、30超えた頃からドンドンドンドン増えてきました…。結局、今40になって丸ごと全て、総白髪になってしまい、さすがに自然のままでいると、かなり老け込んだオバアさんみたいになります(^^;)

そりゃ〜なんだって試しましたよ。肝臓にいいと言われる黒ゴマとか黒豆を食べたり、ヘナを使って染めてみたり、やれヘアオイルだとかマッサージだとか色々手を出しました。そこで、コレ!と言うものは中々見つからず、また白髪の進行を遅らせることは出来そうでも、一度なってしまった白髪を元の髪に戻すのはやはり難しいかな、と思いました。



そこで、まず「コレは白髪には余り意味ないな〜」と思い、やめても良さそうと思ったものをピックアップします。意外ですが、白髪染め。まず、これは直ぐに1ヶ月ほどで結局落ちてしまう癖に、頭皮に対する刺激がとても強いですよね。アルカリ性のヘアカラーより痛くなります。しかも費用ばかり毎月かかって余りメリットがないです。そもそも白髪というのは何にも染まらない性質なのだとか。



そこで、自分がやっているのは、白髪を無理に染めるのではなく、ブリーチで髪全体を明るくする方法です。他の毛髪を白髪に合わせて明るくしようと言う戦法ですが(笑) これの上からまたニュアンスカラーでアッシュ系など好きな色をかぶせる、この方が同じ経費がかかっても仕上がりが全然自然で、刺激が強過ぎる白髪染めよりも頭皮へのダメージは低いです。



あとは、頭皮にオーガニックのクランベリーオイルなどを擦り込んで毎週末マッサージ。白髪そのものの進行が遅くなったかは分かりませんが、根元か髪がふんわりと立ち上がりやすくなるだけで、ブリーチやヘアカラーで痛みがちな髪に柔らかさも出るのでオススメです。まずは白髪とうまく付き合うと言う方法を模索するのも一つの手ですよね・・!

2020.02.20

もうどうにもならない若白髪

自分は今年で20代後半に差し掛かる男性です。

自分には子供のころから密かにずっと自分の髪質について不満に思っていたことがいくつもあります。

パーマがかかりにくくすぐに解けてしまうことだったり、フケが多く出ることだったり、寝ぐせが中々直らないことだったりです。

それでも友達にも似たような人は何人も居たうえ、自分のものはそれほどでもないと思えたのでこれらはまだあまり気にしていなかったり、我慢できたりしていました。

しかし、唯一ずっと悩みの種になっている特徴があります。

それは小さなころから白髪混じりだということです。

これは家族や友達など、色んな人からよく指摘されるのでそのたびに何とかならないかと思い悩んでいました。

学校では後ろの席から一本ずつ抜かれるなどのちょっかいを掛けられたりしたので、一時期は染めてみようかと考えていたのです。

ただ、自分としては髪を染めるということに抵抗があったのと、色が落ちるたびに何度も染め直すのが面倒に思えたのでその時は断念しました。

しかし、最近になって家族に「白髪が多くなってない?」と言われて愕然とすることになりました。

今は仕事に影響があってはいけませんし、何とか元通りにならないか、ネットで様々な方法を探す毎日です。

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

Copyright (C) wakasiraga.cloud-line.com All Rights Reserved.